• 日本語
    • ドイツ語

400以上の日系企業が市内に立地し、8,000人以上の日本人が在住しているデュッセルドルフは、ドイツ及びヨーロッパ大陸随一の日本企業立地を形成しています。その優れたインフラストラクチャーは、多くの和食レストラン、日本の商品を扱う小売店やサービス業者、日本人幼稚園や日本人学校、日本庭園や日独ネットワークをサポートする沢山の関係機関により構成されています。

60年以上の伝統を持つ日本とデュッセルドルフの緊密な関係は、日本とドイツの友好・通商関係にも深く関わっています。1859年に日本プロイセン修好通商条約の締結に導いたのは、デュッセルドルフ出身のルイス・クニフラーでした。日本プロイセン修好通商条約は、その二年後の1861年に締結されました。

その為、今年は日独交流160周年の記念の年にあたります。弊事務所でも、この記念すべき年を一緒に祝福、精一杯サポートして参りたく、2021年5月27日に開催される日独経済シンポジウムでは、スポンサー企業の一つとして応援致します。

日独の友好関係は、今ではデュッセルドルフ市のいたるところで感じることができ、デュッセルドルフは沢山の日本人にとって第二の故郷となっています。しかしながら、文化的背景や法務や税務の分野に於いて、両国間には大きな差があります。その為、ドイツに進出している日系企業のサポートには、日本の親会社との綿密な協力関係や調整が必要不可欠です。幣事務所のジャパンデスクでは、日本語を母国語とするドイツ弁護士、ドイツ税理士によるアドバイスが可能な体制を整えています。

ジャパンデスクでは、法務と税務の分野に於いて、総合的に各種コンサルティングサービスを提供しています。

主なサービスは下記の通りです。

  • 会社設立、日系企業の子会社や支店の設立
  • 企業の税務申告書作成
  • 経理記帳代行、レポーティングパッケージの作成
  • 決算報告書の作成
  • 給与計算
  • 駐在員の派遣サポート(滞在・就労ビザ申請含む)、所得税申告書作成
  • 税務調査対応
  • クロスボーダーの組織再編アドバイス
  • 法務アドバイス(契約書作成含む)
  • 会計監査

河添小枝子

  • ドイツ弁護士、ドイツ税理士
  • 租税刑法認定税理士(ハーゲン通信大学)
  • ジャパンデスク代表
  • 日系ビジネスに9年従事
  • 独日法律家協会(DJJV)会員
GANTEFÜHRER Wirtschaftsprüfer, Steuerberater, Anwälte